FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
太鼓の音いいですね!
11期生の小林実加です!
暑い日が続いています!本科生は毎日汗だくでレッスンに励んでいます(^o^)/
シーブリーズがかかせません♪




今日から和の教養「和太鼓」のレッスンが始まりました。一年ぶりのレッスンでしたが、やっぱり和太鼓いいなぁ!と思いました(*^o^*)




叩く感触や、全身を震えさせるあの音!来週のレッスンが今から凄く楽しみです(^w^)




来月下旬に幼稚園公演も決まり、忙しい毎日ですが、今がむしゃに進んでいる日々に感謝して、不器用な私なりに頑張ります(o^∀^o)




次はいつも笑顔でがんばり屋さん、名字が一緒で新しく来た先生とかによく姉妹と間違われるなっちゃんです♪
スポンサーサイト



まだクーラーには頼りません
もうすっかり夏のような気温ですねー!江國冴香です(^-^)
今日は日曜日なのでハーツはお休みです!
私は週一日のお休みを充実した一日にしたいので、基本的に一日中活動してます♪
家にこもることはめったにありません!私の場合こもると体調が悪くなります(笑
そんなことはどうでもいいのですが、
今日はハーツ出身の先輩方が出演されるプロのミュージカルを見に行って来ました(*^_^*)
舞台の上に立つとその人一人一人の人間性がすごくよく見えました。ハーツでは技術もですが、一番鍛えられるのは中身の人間性の部分です!やっぱりそこがある人は人に感動を与えることができるんだと思いました!
内からでる目には見えない何かが、人を引きつけるオーラなんですねー(*^_^*)

そして体も心も最大限に使って演じていました!
最近レッスンで先生に「それが自分の最大か?」と問われます。
自分ではやっているつもりになっていて、そう聞かれるとまだまだ出来るんですよねー(´Д`)
だから、最大限表現して知らない自分をどんどん知っていかないといけませんね!
明日から待ちに待ったリハーサルが始まります!自分に挑戦していくぞー('∀'●)
読む力
おはようございます!
ダンスオブハーツ10期生の吉田です(^_^)/


私はハーツにきてよく本を読むようになりました。
学生時代から国語の小説の読解問題は好きでしたが、自分から本を買い読むと言うのは全くありませんでした。

しかし、ハーツへきて「読む力」の大切さを稽古や公演を重ねる度痛感し、最近ではかばんに常に一冊は入っています。

読む力…
台本は本です。最終的に演出家の方にニュアンスを変えられたりはすのですが、演出家の方に見せる前から役者は全て台本から読み、それを表現して行かなければなりません。
役をもらったのであれば、その人の気持ちになり0幕から考えます。私はこの作業がとても好きです。
たまに方向性がズレたり、やりすぎと言われることがありますが、役者はなりきる、やりきらなければなりません!!
その為にやはり「読む力」は大切だと思います。

あとは、人の気持ちを「読む力」こちらもとても大切です。別の言葉で表せば「洞察力」でしょうか?
例えば、自分がギリギリまでキャストに入っていたのに、直前で外されたとします。人は怒りや疑問、先生への不信感で心がいっぱいになると思います。しかし、その時冷静になり「なぜ自分が今外されたのか」逆に「なぜ今までは入っていたのか」を先生の意図を読みます。先生は全てを教えてはくれません。自分で考えなければ成長はないです。客観的に自分を見て、冷静に考えると、先生への不信感はまず出てこないし、怒ることもなくなります。
悔しくて泣いたりする時もいっぱいあります。
でも、その泣いて周りが見えてない時に、先生は何か足りなかったヒントを他のキャストに言ってるかもしれません。
だから私は稽古場では基本的に泣きません。悔しくて悔しくて悲しいときは帰ってから一人で泣きます。キャストを外された瞬間、それが一番自分に足りないことを教えてくれる時だと私は思います。

さて・・・本の話からだいぶ飛びましたが(笑)




サッカー日本代表の長谷部誠さんも同じようなことを「心を整える-勝利をたぐり寄せる56の習慣-」と言う本で書かれています。

この本は…と言うかこの方は本当に素晴らしいです。
私はサッカーは全くと言って詳しくありませんが、この本はとても自分と向き合うことの大切さを教えてくれます。
一度読み終えてもまた繰り返し読みたいくらいです。


あ、この間は「六月六日生まれの天使」と言う小説を読みました。
こちらは小説でしかない、技法と言いますか…ドラマや漫画では絶対にできない本です。
内容もとてもおもしろかったので、興味がある方は読んでみてください(^-^)/


今日は長くなってすみません(゜゜;)
私もまさかこんな長文になるとは…。(笑)
こんな堅苦しい事書きましたが、私ギリギリ平成生まれですよ♪笑

明日は江國さんです☆
よろしくお願いします!!
That's Entertainment!!
那須賢一です。

明日はダンスオブハーツ、創立12周年の記念すべき日です。
明日は休校ですので、本日、乾杯の場が設けられました。

そこで本科生によるパフォーマンスが行われたのですが、めちゃくちゃ良かったです。

一曲目。
バラード的合唱曲「命の芽」は何らかの感動的ストーリーが目に浮かぶ、心の色々な所を刺激する作品でした。
そう、‘何らかの’なのです。観る人の人生体験によって見方が変わる作品なのだと思います。
言葉にならない潤いを得ることが出来ました。


二曲目。
一曲目とは打って変わって、ロックでポップな「オール・フォー・ワン」。
先週TVでトニー賞授賞式のパフォーマンスを観たのですが、その感動と同じモノを感じました。
何が良かったかって、みんなの気持ちが一つになってた所です。一つ一つの動きに、伝えたいメッセージが込められており、半端ないエネルギーを発していました。


リハーサルを二回見たのですが、やっぱり、気持ちの入れ方で全てが変わるもんですね。同じ作品とは思えないくらい、本番は最高の物に昇華してました。(リハーサルも良かったんですよ^^;)
私はスケジュールの都合上出演出来ませんでして、とても悔やまれます。


次に待ち受けるは、ボランティア公演。「創作」ではなく、演出家から「提供」される作品作りです。今日感じた心の動きが、きっと役に立つはずです。
一ヶ月の稽古期間ですが、良いモノが出来る確信を得ました。
靖子先生はどう思われているかは分かりませんが(笑)
☆継続は力なり☆
はじめまして☆

13期生、声楽科 西村典子です。


ハーツの本科生は、毎朝掃除を終えると「開口発声」をするのですが、私はこの時間が大好きでとても大切にしてる時間でもあります。


面倒くさがりで飽き症の私なのですが、
ハーツで毎日この開口発声をやりはじめて、「継続は力なり」…って本当なのかもしれない…と感じてきています(*^_^*)

これからも毎日続けていって、自分の身体を楽器にしていけるよう頑張ります!




ハーツ生になってまだ2ケ月半ですが、素敵な同期や先輩方や先生方に恵まれて本当に毎日楽しく充実した日々を過ごしています。

大好きなミュージカルを学べていることの喜びをかみしめながら、
また明日からも頑張ります(^o^)☆



新本科生は私で終わりです♪

今後とも13期生を、どうぞよろしくお願いします。
Let's go 高座の滝
声楽科13期の大倉ひかりです!
 
 
今回は本科生みんなで高座の滝へ行きました
13期のほとんどの人が初の高座の滝です!
 
 
綺麗な町並みと緑豊かな自然に癒されながら坂を登りました≧▽≦)/
 
 
 
 
高座の滝に到着
滝から放出されるマイナスイオンと心を癒す自然の力を体中で感じました
心新たにプロの舞台人をめざすとともに人として成長するためにも
日々精進していきたいと思います!
 
 
 
最後に、久しぶりの登山でほとんどの人が筋肉痛になってしまいましたしかしきっとこの筋肉痛はプロのダンサー・シンガーをめざす私たちに、とてもいい筋肉をあたえてくれることでしょう
 
 
次は、13期声楽科のお姉さん的存在の、典ちゃんです
壁にぶつかります
初!!
声楽科、13期生の
平出 明日葉です!


私は
歌もダンスも
あまり経験ない状態で
歌が好き!
とゆう気持ちだけで
声楽科を選びました。

実際声楽科になってみて
やらなければならない事が
沢山あり、大変ですが
すごく毎日充実しています!


先輩方や同期は
私の悪い所を
しっかりと言って下さるし
みんな一緒に
上へ上へと
目指すパワーがあり
向上心に溢れています。


私は昨日
自分の壁を発見しました!
今まで、その壁を
避けていた、、、というか
あやふやなままにしていて
そこをビシっと
喝をいれていただきました!
有難いです。本当に。

ですので、
私は発見した壁に
ぶつかりにいきます!

そして乗り越えてみせます!


と言う
すごく個人的な内容に
なってしまいましたが、


再びダンスオブハーツは
素敵な所だと
実感しました。


ありがとうございました!


次は愛媛からの彼女です!
スポーツって深い~


12期声楽科の江崎です!

昨日、STEPS生と一緒にボーリング大会がありました!
簡単そうに見えて本当に難しいですね…
スペア、ストライクを出したときの盛り上がりは凄かったです!
STEPS生もみんな一生懸命頑張ってました(^∀^)

ボーリングの技術的な事だけでなく、マナーの大切さなど、Dance of HEARTS本科生として外に出る事の責任感などもたくさん学びました!

そして今日はドッジボール大会!
とにかくみんな心から楽しみました(^O^)
期対抗でトーナメントをしたのですが…私が所属する12期生の弱さはずば抜けていました(笑)
体力が無いと、気持ちだけではダメだなあと改めて感じました(笑)

ボーリングやドッジボールという球技を通して、まずは目標を定めて絶対決める!という決意をする事☆でも、もちろんそれを楽しむ事♪を学びました(´ω`)

スポーツってやっぱりいいですね♪
みんなそれぞれ得意不得意はありますが、体を動かす事・心を動かす事は大好きです!!!

次は13期生の声楽科が初登場です☆

子どもは凄い
すっかり更新が遅くなってしまいました
どうも、前宙に失敗して捻挫中の中谷隼人です


今回は私がアシスタントに入らせて頂いている児童科ミュージカルについてお話したいと思います


児童科は小学生のクラスで、今は低・高学年の2クラスに分かれて歌とミュージカルのレッスンをしています


次の劇団四季のサウンドミュージックの子役オーディションも、この児童科から6人の子ども達が合格しています
みんなキャスティングされるといいのですが…


児童科ミュージカルのアシスタントは彼らの先陣を切って、先生方のアシスタントをしつつ一緒にレッスンを受けます。

いつも驚かされるのは子ども達の元気の良さ、記憶力、想像力、そして声の大きさでしょうか
特に低学年の子ども達には、あの小さな身体のどこからそんな声が出ているのだと思うくらい腹から声が出ています


夢に目をキラキラ輝かせている子ども達と一緒にレッスンしていると、アシスタントをしている私達が元気を貰っている気がします

色んな年齢の夢見る若者がエネルギーを送り会える。それもハーツの特徴であるのかも知れません
日舞最終日

どうも
今、世間をお騒がせしておりますユッケこと12期生の西岡佑希子です
 
ま、生肉のユッケとは関係ございません
 
 
今日は前期(4月~7月)の日舞のお稽古最終日でした
 
本科のカリキュラムには毎週水曜日に『教養』というレッスンがあります。
 
講師の先生をお呼びして、主に『英会話』『日本舞踊』『和太鼓』『落語』のレッスンが月交代で行われます。
 
そして、5月は日舞のお稽古でした
 
 
私達はダンスの基礎であるクラシックバレエを受けていて、脚をアウト(外向き)にして使うのですが…
 
日本舞踊では脚を内股にして使います
 
 
これがどうしても慣れないww
 
お腹に力を入れて脚を締めるというのは同じなのですが…
それが内股になるとお腹の意識が抜けてしまい、重心が高くなり綺麗なポーズがとれなくなってしまいます
 
 
ジャズやバレエでダイナミックに踊るだけでなく、日舞のようなおしとやかな踊りも体験することで、またひとつ自分の中に教養が増えたと思います
 
 
そして
日舞のお稽古では全員浴衣を着ます
色とりどりな浴衣姿はいかがでしょうか??
 
 
プロフィール

Dance of HEARTs 本科生

Author:Dance of HEARTs 本科生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR